子供の未来の虫歯を防ぐ

今日は、子供の歯(乳歯・永久歯)を守ることについてお話をしたいと思います。以前よりも歯科検診という言葉が一般的になり、定期的に歯科医院へ通い、クリーニング、フッ素の塗布をしている子供が増えているように思います。

しかし、それだけではなかなか虫歯を防ぐことはできません。虫歯リスクを減らすためには、やはり毎日の歯ブラシが欠かせない重要なポイントです。

乳歯、幼若永久歯(生えたての永久歯)は虫歯になりやすく虫歯の進行も早いです。

親が子供に歯ブラシをしてあげる(仕上げ磨き)期間には限りがあり、いずれは自分1人でも磨けるようにしてあげなければなりません。つまり、親が正しい歯ブラシの仕方を教えなければなりません。

いかに、子供に理解させ歯を磨くことに興味をもたせるか伝えることが重要です。私たち歯科医師、スタッフも子供に興味を持ってもらえるよう頑張りますので毎日そばにいるお父様、お母様も一緒に頑張りましょう。

子供に仕上げ磨きや教えることに自信のない方はご自身の歯ブラシの仕方から見直してみてはどうでしょうか?

3 thoughts on “子供の未来の虫歯を防ぐ

Comments are closed.