朝の体操

まだまだ寒く、朝がつらい北海道です。前回の記事『ラジオの時間』で紹介した生島ヒロシさんのラジオ【おはよう一直線・月~金AM5:30】で、毎朝流れている曲(体操)があります。これは、生島ヒロシさんの次男でダンサーの生島翔さんがふりつけを考え親子共演をしている体操だそうです。この体操はあなどれません。体操自体は、順天堂大学医学部の小林弘幸教授が監修し楽しく効率よく体を動かせるように仕上げているそうです。

朝の軽い体操は、体を活動モードに切り替えてくれ、脂肪を燃えやすく脳も活性化されると言われています。この動画は、生島さんのテンポのズレに笑ってしまいますが、ラジオではしっかり動かし方を誘導してくれるのでご安心を。

 

レクチャー付き

唾液腺って

九州で活躍している先生の紹介でローカル番組ですが『お口のケアで健康長寿』というテーマの番組を見ました。そこで簡単に取り入れることのできる口腔乾燥対策を目的とした唾液腺マッサージがあったので今回は紹介したいと思います。

さて、まず唾液腺ですがそれがどこにあるのか?皆さんはご存知ですか?

唾液腺は大きく分け2種類大唾液腺、小唾液腺があります。絵の青いマークの部からもわかるように大きな唾液腺つまり大唾液腺は3つ。耳下腺(耳のあたり)顎下腺(顎の下、顎の張っている下あたり)舌下腺(舌の下)です。そして絵には記されてはいませんが小さな唾液腺、小唾液腺と呼ばれるものは口唇線、頬腺、口蓋腺などいくつかあります。その大半、唾液の95%は大唾液腺が分泌しています。

また唾液には、 様々な働きがあります。

・自浄作用(歯や歯間に付着したプラーク歯垢を洗い流す)

・抗菌作用(抗菌作用を持つ成分が口の中の細菌の増殖を抑える)

・pH緩衝作用(飲食により酸性に傾いた口腔内のpHを中和させ虫歯を防ぐ)

・消化作用(酵素アミラーゼがデンプンを分解し消化しやすくする)

・粘膜保護・潤滑作用(粘性のあるムチンが粘膜を保護し、発声をスムーズにする)

・溶解作用・凝集作用(味を感じさせ、噛み砕いたり飲み込んだりしやすい塊にする)

・粘膜修復作用(上皮成長因子と神経成長因子が傷を治す)

上記のような大切な役割をする唾液。しかし唾液の分泌量は、一般的に加齢やストレス、ホルモンバランス、薬の副作用で低下すると言われています。

唾液の分泌が減りお口の中が粘ついたり、ヒリヒリとした痛みを感じたり水分量の少ないものを飲み込みにくいなどなってきたと感じた時どうしたらいいか。家できる一番簡単な方法を次回お話しようと思います。

COVID-19

新型コロナウイルスが世界中に猛威をふるっています。私事でいえば学会、セミナーなどが延期や自粛になっております。そんな中、セミナーメンバーより新型コロナウイルスについてわかりやすく説明している動画を見つけたと送られてきました。

大人はもちろん子供に説明する時にも使えるのではないかと考え当院のページに載せたいと思います。

字幕(日本語)が見れない方は、右下の設定から日本語を選択してください。

忘れられた医学の天才

米Googleの検索ページのロゴが3月20日に変わりました。再生をすると手洗いの仕方についてコミカルなアニメーションで描かれています。これは、世界保健機関(WHO)の公式動画をもとに作られているそうです。

そして、このおじ様は誰か?

彼は、『手洗いの父ゼンメルワイスsemmlweiss(1818~65)』です。ハンガリーの医師で手洗いの重要性を最初に唱えました。当時は、細菌や消毒法が知られていない時代であり簡単には医学界に受け入られませんでした。しかしその後19世紀には、彼を支持する学者や医師らの研究、論文によりその名誉は確立されました。

それから時を経て、今やトレンドの中心。

この機会に今一度、手洗いを確認していただけたらと思います。

最近のニュースについて

連日状況がめまぐるしく変わるコロナウイルス問題。皆さんの身も心も疲れてきたころではないでしょうか。
しかし、毎日のように北海道知事の頼もしい姿がテレビで放送され、全国で注目されていることは嬉しいことだと思います。彼は、全国に先駆け全道の小中学校を休校にし感染の拡大を防ごうとし、また北海道を重点対策地域とすることを首相に直接要望しました。
その彼の行動を「感染拡大の抑止として不十分ではないか」、「親の負担や授業の遅れをどうするのか」など、批判する声もあります。
しかし、道民を守ろうとする熱意は十分伝わってくると思います。それは、全国にも届いているようです。
『手洗い、うがい、健康的な生活を』というこの時代に似つかわしくない古典的な方法。しかし、感染症からの自己防衛の基本中の基本です。道民一同自分にできることを行っていきましょう。

インフルエンザと歯磨き

乾燥するこの時期、札幌ではインフルエンザ流行のため学校閉鎖になってしまった学校もあるそうです。

『インフルエンザ対策』皆さんは何を行っていますか?一般的には、手洗いやうがいまた予防接種を行っている方が多いのではないでしょうか?その対策に今日から歯磨きもプラスしてほしいと思います。

歯磨きでインフルエンザの感染や重症化が防げることは、2015年くらいからクローズアップされ始めました。口腔内の細菌は、インフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素のプロテアーゼやノイラミターゼを出します。そのため口腔内が不潔だと細菌繁殖しやすく、またその細菌が酵素を出しインフルエンザウイルスに感染しやすい環境を作ってしまうのです。口腔内を清潔にすることは、インフルエンザの感染を妨げます。いつもしていることですが、この時期はいつも以上に意識してほしいと思います。また、舌も清潔にしておく必要があります。歯磨きや舌の汚れ、不安がある方は一度相談していただけたらと思います。

本間歯科では、歯だけではなく健康に患者さんがいられるよう情報を発信していきたいと思っています。

 

以前の記事➡ インフルエンザ

 

痛風②

前回までのお話では、生物の窒素のお話をさせていただきました。
生物の体に不可欠な窒素ですが、余った窒素は捨てなければなりません。その窒素を捨てるために、尿酸というものが登場します。
尿酸は基本的には固体で水に溶けにくい物質です。尿酸の形で窒素を捨てている動物には鳥や昆虫がいます。彼らは体を軽くするためにも水を大量に体には蓄えられません。そのため窒素を捨てる度にいちいち水を捨ててはもったいないことになります。車に鳥の糞や、虫がついたことがあるでしょうか?水で洗ってもなかなか落ちにくいと思います。あれが尿酸です。水に溶けにくく、べたべたしているのです。
さて、人間はどうかと言うと、窒素を捨てるために尿酸と尿素というもの両方を使っています。尿素は水に溶けやすいのですが、尿酸は水に溶けにくく、温度の低いところではすぐに固体に戻ってしまいます。

体の中で足は温度が低くなりやすいところです。ここで尿酸が固体に戻ってしまうことがあります。そ
してベタベタとした尿酸が悪さをして関節が腫れあがってしまいます。これが痛風発作です。
その痛みは激烈でアレクサンダ-大王、フランスのルイ14世なども苦しんだそ
うです。
さぁ、そんなしんどい痛風発作にならないためにどうするかですが、月並みの「尿酸値が上がらないような生活を送る」ということに限ります。それについてはまたの機会にお話したいと思います。

痛風について①

最近、随分寒くなってきました。夏にビールをたくさん飲んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビールと言えば『尿酸値』。この値が高いと痛風という病気になることがあります。

今回は尿酸についてお話ししたいと思います。
尿酸のお話をする前に、一つ別のお話をさせてください。窒素の話です。窒素は、地球の大気の中に最も多く含まれる元素です。空気の中の8割は窒素です。
我々の周りはほぼ窒素といっても過言ではありません!それだけありふれている窒素ですから、生物は窒素をフル活用しています。具体的に挙げると、生物の体を作るタンパク質というものがありますが、その材料のアミノ酸には窒素が必ず含まれていますし、遺伝子であるDNAの中にも必ず含まれています。
さて、とにもかくにも生物には欠かすことのできない窒素。生物はその窒素を色々な方法で体に取り入れます。植物は土壌から吸収しますし、動物は植物を食べたり、他の動物を食べたりすることで体に取り入れます。しかし、窒素を取り入れてるだけでは体が窒素でパンクしてしまいます。そこで、窒素を捨てることも必要です。
窒素の最もありふれている形は気体ですが、残念ながら動物は気体の形では窒素を捨てることができません。息を吐くことで窒素を捨てることはできないということです。では、どうやって窒素を捨てるか。気体で捨てることができないのであれば・・・固体か液体しかありません。
では、固体として捨てるのと、液体として捨てるのはどちらがいいかということです。ここで生物はなかなか器用に窒素をどちらの形で捨てるかを使い分けています。それは、「硬い殻の卵から産まれる生物は固体として捨てる」ということです。硬い殻の卵・・・すぐに思いつくのは鶏の卵やウズラの卵などでしょうか。鳥は卵のときにも窒素を捨てないといけませんが、硬い卵の中に入っているので、窒素を外に捨てることはできません。そこで、窒素をギュッと濃縮して、固体の塊にして卵の殻の中に置いています。この窒素の塊が尿酸です。尿酸をようやく登場させることができました。

ただ、ここまで随分長い話になってしまいましたので、続きは次回とさせていただきます。

夏の風物詩

夏のじりじりと暑い日に冷えたスイカ。スイカは、夏の風物詩です。今日は、スイカについてお話しようと思います。

スイカの原産地は、南アフリカです。野生のスイカは、硬い皮を持つ薄緑色の果物だったそうです。そのスイカを品種改良したのか3000年くらい前のエジプトでした。スイカの種は3000から4000年以上前のツタンカーメンの墓や他の王の墓などで発見されています。また、その墓の壁画にも描かれているそうです。

そもそもなぜエジプトは、スイカを栽培しようと考えたのでしょう。

その答えは、watermelonという名称にあります。スイカの90パーセントは、水分です。そして日陰の涼しい場所に置いておくと数週間から数カ月保存がきくためです。エジプト人は、保存のきく水分としてスイカを栽培するようになったのだろうと考えられています。墓にあったスイカもエジプトの王たちが没した後の長旅の道中で水分が必要だろうと備えたと言われています。

それを今は、夏のデザートとして食べているとはなんと贅沢なのでしょうか。

スイカには、水分、ミネラル、ビタミンが豊富です。真夏40度を超えるエジプトではスイカとチーズの組み合わせが人気だそうです。熱中症対策に取り入れ、暑い夏を乗り切りましょう。

 

以前の記事 ➡ 脱水症