抜歯をするかは誰が決める?

これは、フランスの雑貨のお店で撮った一枚です。

皆さんは、この写真をみてどのように感じるでしょうか?

私はというと

歯科医師の立場で見たとき・・

難しい抜歯でやっと抜けたのか?下手な歯医者なのか?

患者の立場で見たとき・・

なぜ笑っている?なんだそのガッツポーズ?こっちまで抜かれそうだな

ひとつのオブジェで受け取る印象は様々です。また、歯科医師を描く際、抜歯は印象的な治療のひとつでしょう。虫歯が大きい、歯周病が進み膿がでる、歯が割れているなど抜歯の原因はいくつかあります。もちろん抜歯をすることが、一番の選択肢であれば伝えなければなりませんが抜歯をするかどうかを最終的に決めるのはご自身です。相談し、もう少し様子をみたいとおっしゃった方には本間歯科ではこんな話をしたりします。こちらをご覧ください。➡ 歯を残すということ

 

一生自分の歯で

皆さんはサメの歯をご存知ですか?

サメは、現在使っている歯の奥に何列も予備の歯があります。歯がぬけるとベルトコンベアー式に前に出てきます。多生歯性と言われています。

私たちはそのようにはいきません。乳歯が生えかわったあとの永久歯を一生使い大切にしていかなければなりません。なかには、乳歯を一生使っていかなければならないこともあります。そのためには、正しい知識と毎日の歯磨きが必要不可欠です。治療だけではなく正しい知識を伝えることも私たちの役目だと考えています。不安な方は、一度ご相談ください。

歯科医院はたくさんあり、歯科医師の考えも色々あります。これはあくまで私の意見ですが、歯科医院は美容室のように定期的に通う場所ではなく、基本的には痛みや悩みがある時に来る場所であると考えます。

そのため、一度治療が終わればしばらく来なくて済むように、自宅でするべき歯磨きの方法など話すことがあります。もしかしたら、「しつこい!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ただ、それは、本間歯科のプリントの1文『虫歯、歯槽膿漏の予防及び治療後の予防には歯磨き以外ぜったい考えられないと思います』という考えがあるからです。

しかし、年齢により免疫力低下や手の力がない方は歯ブラシを毎日していてもうまくいかない場合もあります。そのような方には、来院回数を増やしたりして対応します。

綺麗な口元、食をしっかり取れることで毎日の生活がより良いものになることを願い、本間歯科では全力でサポートします。

フィルムカメラ

最近、フィルムカメラを本格的に始めました。0.1秒、コントラストのほんのちょっとの調整で仕上がりに差が出ます。

『ほんのちょっとが全然違う』

これは、口の中でもありうることです。私たちは、日々のかみ合わせの調整は何ミクロンの単位で診療をしています。

例えば、銀歯、差し歯。

ほんのちょっと高い特に低いは自身で感じにくい感覚です。そのまま使い続けると、歯あるいは歯周組織または顎関節、どこかでこのかみ合わせを調整しようと働き出します。そして、後に代償を負います。一か所だけ歯が揺れる、しみる、歯がかけた、顎が痛い。このような症状がある方は、一度歯科医院の受診を勧めます。

ほんのちょっとが全然違うことを意識し日々生活すること、そして美しものを見ることは何歳になっても歯科医師には大切だと考えます。

 

短期集中治療について

当院では、希望により短期集中治療を行っています。

遠方からのお越しの方、お仕事の都合でなかなか通うことができない、出張の多い方などを対象にしております。

まとめて予約を取り、治療をすすめます。

ご希望の方は、予約の際に伝えていただけたらと思います。

 

歯の神経について

最近、ちょっと歯の色が気になる。

神経を取ったわけでもないのに色が黒い、茶色い歯がある。

そんな疑問をお持ちの方は、いませんか?

もしかすると、歯の内部の神経が機能していない可能性があります。痛みを伴わなくこのようなことが起きることがあります。たとえば、以前の虫歯が大きく神経近くまで進行していた場合や打撲などがあげられます。友人の歯科医師もホワイトニングをするとなったときに、初めて1本歯の色が違うことに気が付いたことがありました。彼女は、中心結節という歯の突起が原因でした。

神経が機能していないまま放置をしておくと、ゆっくりと慢性炎症が進行し膿みをためます。体調不良、機械的刺激など何かの拍子に強い痛み、腫れを生じることがあります。

気になっている歯がある方は、一度ご相談ください。

 

歯とカルシウム

『妊娠中は、赤ちゃんにカルシウムを取られるから虫歯になりやすい?』こんな質問を先日受けたのでこのことについてお話したいと思います。

妊娠中は、赤ちゃんにカルシウムを取られるから虫歯になりやすい、歯がボロボロになるという話は昔から言われています。聞いたことがある方も何人かいらっちゃるのではないかと思います。

しかし、本当のところは間違っています。一度作られたカルシウムやその他の成分が歯から溶け出ていくことはありません。つわりの影響で歯磨きがおろそかになってしまったり、食で好むものが変化することで虫歯が急に悪化することはあるようです。このことで、赤ちゃんにカルシウムが取られるからではないかという説が生まれたと考えられます。

しかし、妊娠中は赤ちゃんの骨はもちろん、歯の芽というべきものが作られる時期なので、妊娠中もバランスの良い食事をこころがけなければなりません。食べたカルシウムは胎盤を経由し赤ちゃんへ届けられるため、良質なタンパク質やカルシウムを十分取らなければなりません。

これは余談ですが、『牛乳をたくさん飲むとカルシウムの摂取につながり、骨粗鬆症の予防に有効である』と世界中の多くの研究者、医師により報告されています。国内では、牛乳や乳製品の摂取量を増やすと小児期には骨量増加に役立ち、中高年の女性には骨量減少を抑えるという結果が2002年度の厚生労働省科学研究などで発表されています。

北海道には、自然がいっぱい。そして、美味しい牛乳もいっぱいあります。良質なカルシウムを取り、健康を一緒に維持しましょう。

本間榮一歯科診療室のプリントに書いてある【歯じょうぶ 胃じょうぶ 大じょうぶ】まさにコレです。

 

虹別近郊

 

入れ歯・義歯

突然ですが、10月8日は何の日かご存知ですか?

歯科では、『入れ歯デー』とされています。『い1 れ0 ば8』とゴロを合わせたそうです。

当院でも入れ歯の方は、たくさんいらっしゃいます。私たちは入れ歯を作る際、次の2点を考えすすめます。1つ目は、機能です。しっかり食べることができる、これは大前提です。2つ目は、いかに自然にみえるかです。この自然にみえるかは、人工歯の形、大きさ、色など考えることがたくさんあります。

例えば、人工歯の色調は顔、口唇、歯肉の色を参考に選びます。形は、四角い顔の人は角張った前歯をしていますし、丸みを帯びた顔には円形の前歯を選択します。口の中に入れてみるとほんのちょっとが全然違います。このたくさんの中から当院では選択しています。自然な美しさを常に追求し、質の高い治療を提供できるように日々努力しています。

 

 

釧路 釧之助(せんのすけ)

先日、勉強会で『釧之助(せんのすけ)』が話題に上がりました。

皆さんは、もう行かれましたか?

『釧之助(せんのすけ)本店』は、2018年7月5日にオープンし、釧路の新名所になりました。1階は、お客さんが魚介を選んで食べることができ、バーベキューコーナー、鮮魚や加工品の販売コーナーがあります。2階はレストラン、水族館があります。釧路で初めての水族館になるのではないでしょうか。

お時間あるときに、足を運んでみてはいかがですか?

 

釧之助➡ https://www.sennosuke.net/