8番目の歯

皆さんは、なぜ前から8番目の歯を「親知らず」というか聞いたことがありますか?

色々な説がありますが一番有名なのは、「20歳を過ぎてから生えてくるため、親が知らない間に生えてくる歯」が語源のようです。

それでは、他の国ではどうでしょうか?

例えば、

ヨーロッパ圏の英語「wisdom teeth」フランス語「dent de sagesse」スペイン語「muela de juicio」、ドイツ語「der weisheitszahn」、イタリア語「dente del giudizio」は、賢明、知恵という形容詞が付いています。それは、「知恵がついてから生えてくる歯」だからだそうです。

韓国語では、「사랑니」サランニと言います。愛の歯という意味だそうです。「恋とは何かわかり始めるころに生えてくる歯」と考えられているからです。

なんとなく国の特徴があらわれているようで、面白いなと思います。

親知らずは、語源が国によって違いますが生え方もこれまた人によって様々です。だからこそ、面倒な問題がおきます。

体調が悪いときに腫れるや歯磨きができない、抜きたくない、抜きたいなどお悩みがある方はご相談ください。

以前の記事 親知らず ➡ http://www.homma-dent.com/2018/09/03/%e8%a6%aa%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9a/

ITI北海道支部会

ITIの北海道支部会が6月21日(日曜日)WEB上でZoomにて行われました。コロナの影響で、集まり情報交換のできない中でしたがこのように参加できるのは良いことだなと感じました。

今回は、特別講演として札幌医科大学医学部口腔外科学教授の宮崎先生による「口腔癌診療、口腔潜在的悪性疾患」がありました。早期発見がなによりも大切であるため、我々かかりつけ医は日々意識していなければなりません。この内容は、また記事にしたいと思っています。

ITIについて 

「International Team for oral Implantology」の略で口腔インプラント学のための国際チームのことです。治療は、スイス・ストローマン社インプラントシステムITIに従って行われます。スイス・ストローマン社インプラントシステムは1974年に開発され以後ほぼ半世紀に渡り生体工学、物理学、化学、外科、歯科など専門の研究員によって知識と技術を結集した世界最高品質のインプラントです。

インプラントの以前の記事

 1⃣ http://www.homma-dent.com/2017/05/10/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e9%95%b7%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/

 2⃣ http://www.homma-dent.com/2017/05/10/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e9%95%b7%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/

美の哲学

メイクアップ界のレジェンド『ケヴィン・オークイン』

細眉、リップライナー、そして光と影を駆使して立体感を出す手法(コントゥアリング)を広め、美の固定観念に挑んだ伝説のメイクアップアーティストです。

90年代の主要スーパーモデルが彼の虜になった彼の革命的なメイクと哲学、そして短くも美しい人生に迫るドキュメンタリー映画が5月よりオンライン配信にて公開されています。

予告では、メイクをしてもらった当時を振り返りケイト・モスが「歯科医院のような椅子に座らせ眉を全部抜いたの。」なんて淡々と語ってるシーンは衝撃的です。

それだけ聞くとクレイジーな気がしてしまいますが、彼は彼の著書「Face Forward」中で

「個性を認め強調することができる。それがメイクアップのもつ素晴らしい面の1つである。」と語っています。

常にメイクをすることで自己表現をし、アイデンティティーを求め続けた彼の言葉には重みがあり、技術だけではない何かが多くの人を魅了したのかもしれません。

映画 ⇩

https://www.uplink.co.jp/aucoin/

梅雨のシーズン

昨日、関東では梅雨の晴れ間が広がり気温が上昇したそうです。梅雨のない釧路ですが、今日はこの梅雨のシーズンのお花「紫陽花」についてです。

紫陽花と一言にいっても色々な色があります。青や紫、ピンクなど。これがどのように決まっているかというと土壌のpHによって決まるそうです。たとえば、青い紫陽花ならばその土壌は酸性、中性からアルカリ性の土で育てると赤系の色になります。pHを考えると自分で好きな色に変えることもできるということです。おもしろいですね。

歯もpHに左右されています。私たちの口腔内のpHは通常中性に保たれています。ところが食事をすると急激に酸性に傾いてしまいます。しかし、唾液の緩衝作用により30分くらいで中性へと戻ります。酸性は、歯には天敵です。口腔内が酸性になってしまうと歯の表面からカルシウムやリンが溶け出してしまうためです。そしてそれは、虫歯を作りやすい環境です。

この原理を理解すると食生活で気をつけること、間食がなぜいけないのか、歯ブラシをするタイミングなどが見えてきます。食べたいものや飲みたいものを我慢するのではなく、なるべく原理を理解して上手に食事を楽しんでもらいたいと考えています。

犬歯の大切な役割

前回、ゲラダヒヒは、犬歯を見せることで威嚇をするお話をしました。一方、人間は犬歯を威嚇ではなく何に使っているのかというお話をしたいと思います。

犬歯は、たくさんある歯の中でとても重要な働きをしてくれています。そのため、その働きに『犬歯誘導』という名前がついています。


上下の歯をすり合わせるようにしながら、下顎をゆっくりと右や左にずらしてみてください。

このとき、正しい咬み合わせの人は、下顎を左右に動かすと、上下の犬歯だけが接触し、上下の奥歯(臼歯)は離れます。このように、下顎を横移動させたときに上下の歯が犬歯だけで接触することを、犬歯誘導といいます。つまり犬歯が顎を誘導しているということです。

なぜ犬歯誘導が必要なのか重要なのかというと、大切な奥歯を守るためです。
奥歯は縦方向の力には強いのですが、横方向からの力には弱く、横方向から大きな力が加わると、歯そのものや、歯のまわりの骨が壊れてしまいます。そのため、左右から力をかけるときには、丈夫な犬歯のみを合わせて、奥歯を守っているわけです。
「横からの力が歯に加わることなんて、めったにない」と思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。私たちが食べ物を噛んでいるときは、顎を上下だけでなく左右にも動かすことで、ものをすりつぶしています。
正しい咬み合わせの人であれば、この犬歯誘導が自然とできているので奥歯にかかる負担は少なくて済みますが、犬歯誘導ができていない人は、日々少しずつ横からの力を奥歯に加えているため、奥歯は相当なダメージを蓄積しています。例えば犬歯の次の歯が平たくなっていたり、しみたり、良く見ると歯にヒビが見えたりするかもしれません。歯だけではなく、顎も関わっているので顎の痛みとなって出てきている人もいるかもしれません。

歯はいっぱいありますが、それぞれに役割があります。歯の位置が悪ければ良い位置に移動させてあげなければなりません。失ってしまった歯があれば、そこは補っていかなければなりません。咬み合わせがわるければ、微調整をしてあげなければなりません。しかし、難しいことではなく正しい咬み合わせに近づけてあげれば良いだけのことです。本間歯科では、見た目、機能ともに回復できるよう最善の治療をご提案したいと思います。不安のある方は、一度ご相談下さい。

絶滅危惧種ゲラダヒヒ ➡ http://www.homma-dent.com/2020/05/22/%e7%b5%b6%e6%bb%85%e5%8d%b1%e6%83%a7%e7%a8%ae%e3%82%b2%e3%83%a9%e3%83%80%e3%83%92%e3%83%92/

脱水症について

今年も夏が近づいてきました。テレビなどでも脱水症について度々報じられるようになります。今日は、脱水症についてお話しようと思います。

生物の体の水分が足りなくなることを脱水と言いますが、そもそも人間の体にはどれくらいの水分が必要なのでしょうか?

健康な成人の場合、体重の60%が水と言われています。60kgの人の体では36kgが水という計算になります。そして水は1g=1mlですので、体の中には36Lの水があることになります。

その水分の中で、どうしても人が失ってしまう水分があります。

1つ目は尿です。尿は体の不要な物質を溶かして捨てるために体が使用している水分になりますが、体重1kgあたり1時間で0.5mlは最低必要とされています。60kgの人であれば、1時間30mlは必要です。1日では30ml×24時間で720mlが必要です。

2つ目は体から知らず知らずに蒸発している水分です。普通(体温36℃、気温28℃)であれば皮膚から600ml、呼吸の中から300mlの合計900mlが1日に出て行ってしまうと言われています。これは当然体温と気温にも大きく左右され、体温または気温が1度上昇すると15%程度増加すると言われています。

これらの水分の合計1620mlが体重60kgで体温36℃の人が気温28℃の中にいる際に最低限必要な水分ということになります。500mlのペットボトル3本とちょっとですね。私が最初にこの話を聞いたときには「朝昼晩の食事のときにペットボトルを1本ずつ飲まないといけないの?ちょっと厳しいなぁ」と思いました。これは私が体に必要な水を全て飲み水で補わないといけないと思ったために起きた勘違いです。

続いては人が摂取している水分についてです。人は飲み水からも水を摂取していますが、食べ物からも水分を補っています。先ほど、「人の体の60%が水」とお話ししましたが、それでは食べ物はどうなのでしょうか?

例えばご飯は1杯あたり90mlの水が含まれているそうです。また、レタスやトマトなどの野菜はその95%程度が水分です。人は1日あたり1L程度の水を食事から摂取しているそうです。普通に食事が摂れる方であれば、最低620mlの水を飲めばいいことになります。

炎天下の中、何か作業をされたりする方は、そこにいるだけで失われる水分は増えます。汗をかいたりするとさらに増えます。そして、そういう場合にはたいてい食欲も落ちてしまい、食事からの水分量も減ってしまうという悪循環になってしまいます。

あまりにひどくなった場合には病院で点滴をして水分を補給してあげることになりますが、具合が悪くなる前に、意識してこまめに水を飲むことが大事です。

夏の風物詩 ➡ http://www.homma-dent.com/2019/06/28/%e5%a4%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%89%a9%e8%a9%a9/

絶滅危惧種ゲラダヒヒ

エチオピアの絶滅危惧種ゲラダヒヒを皆さんはご存知でしょうか?NHKで先月特集していたので見た方もいるかもしれません。

彼らは特殊で崖の上の天空の草原地帯で暮らす、世界で唯一草しか食べないサルなのです。なぜいきなり絶滅危惧種のサルの話かというと草しか食べないという特徴の他に気になる行動をするからです。それは、上唇をひっくり返し大きな犬歯を見せ相手を威嚇する特徴です。

ゲラダヒヒは、犬歯を使い威嚇。

ドラキュラも犬歯で威嚇するかもしれませんが、人間は基本的に犬歯で威嚇はしません。

では、人間は犬歯ではなく何で威嚇するのでしょうか?といきたいところですが、ここは歯科医院らしく人間は犬歯を威嚇のためではなく何のために使っているのでしょうか?と次回につなげたいと思います。

犬歯の大切な役割 ➡ http://www.homma-dent.com/2020/06/10/%e7%8a%ac%e6%ad%af%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%88%87%e3%81%aa%e5%bd%b9%e5%89%b2/

Newtonの休暇

皆さんは、アイザック・ニュートンのことをどこまで知っているだろうか?

今日は、彼のことについて少し調べたのでお話しようと思います。彼は、イギリスの物理学者であり数学者、天文学者。後にも先にも彼を越えるものはいないと言われるほどの史上空前の天才と呼ばれていました。彼の功績は、『ニュートンの三大業績』と言われ、今なお我々はそれを学んでいます。

万有引力の法則、微分積分法、光の分析。

この三大業績とされるものは、いずれもある期間に成し遂げられたと言われています。さかのぼること1665年、ニュートンがケンブリット大学の学生だった頃の話になりますがその当時ロンドンではペストが数度目の流行の襲来でした。(ペスト→14世紀にヨーロッパの人口の3分の1を死亡させた感染症)

大学は、この大流行を受け一時休校となりニュートンもペストから逃れ故郷の田舎町に戻り18カ月そこで過ごしました。この余暇に、3つの業績の基礎となるひらめきを得たと言われています。

後にニュートンは、この期間を『創造的休暇』と呼んでいます。彼はこうも言っています。

Truth is ever to be found in simplicity, and not in the multiplicity and confusion of things.

(真実は、多様さや混乱の中でなく、つねに単純さの中から見いだされる)

この自粛期間 をどう過ごすべきか考えさせられます。