歯とカルシウム

『妊娠中は、赤ちゃんにカルシウムを取られるから虫歯になりやすい?』こんな質問を先日受けたのでこのことについてお話したいと思います。

妊娠中は、赤ちゃんにカルシウムを取られるから虫歯になりやすい、歯がボロボロになるという話は昔から言われています。聞いたことがある方も何人かいらっちゃるのではないかと思います。

しかし、本当のところは間違っています。一度作られたカルシウムやその他の成分が歯から溶け出ていくことはありません。つわりの影響で歯磨きがおろそかになってしまったり、食で好むものが変化することで虫歯が急に悪化することはあるようです。このことで、赤ちゃんにカルシウムが取られるからではないかという説が生まれたと考えられます。

しかし、妊娠中は赤ちゃんの骨はもちろん、歯の芽というべきものが作られる時期なので、妊娠中もバランスの良い食事をこころがけなければなりません。食べたカルシウムは胎盤を経由し赤ちゃんへ届けられるため、良質なタンパク質やカルシウムを十分取らなければなりません。

これは余談ですが、『牛乳をたくさん飲むとカルシウムの摂取につながり、骨粗鬆症の予防に有効である』と世界中の多くの研究者、医師により報告されています。国内では、牛乳や乳製品の摂取量を増やすと小児期には骨量増加に役立ち、中高年の女性には骨量減少を抑えるという結果が2002年度の厚生労働省科学研究などで発表されています。

北海道には、自然がいっぱい。そして、美味しい牛乳もいっぱいあります。良質なカルシウムを取り、健康を一緒に維持しましょう。

本間榮一歯科診療室のプリントに書いてある【歯じょうぶ 胃じょうぶ 大じょうぶ】まさにコレです。

 

虹別近郊

 

親知らず

今日、親知らずが痛いと70歳を超えた患者さんが来院されました。70歳をすぎても悩まされる親知らず。

そもそも親知らずとは、何かについてお話したいと思います。

親知らずとは、3つある大臼歯の一番奥の歯のことで智歯とも言います。20歳を過ぎてから生えてくるため、親が知らない間に生えてくる歯、というのが語源のようです。

親知らずは、何かとトラブルが頻発しやすい歯です。例えば、歯茎が腫れる、膿む、虫歯になる、歯並びが悪くなることがあげられます。生えてくる方向や虫歯の程度によっては抜歯を選択する場合もあります。

しかし、抜きたくないという希望があればどのようにその親知らずと付き合っていかなければならないかアドバイスがあります。

親知らずでお困りの方は、一度ご相談下さい。

お口の中にカビ?

梅雨の時期になりました。北海道には、梅雨がありませんがお天気が不安定ですね。

梅雨の時期と言えば、カビが気になりますね。お口の中にカビが生えることをご存知ですか?

原因は、健常者の口腔内にもいるカンジタ菌という真菌(カビの一種)です。それが異常に増加し、病原性を発揮することがあります。その場合、舌や上顎の粘膜に白い苔のようなものができ、それがはがれると赤く腫れたり出血があり、舌全体が腫れたりする場合があります。さらに、舌が痛いや味覚がいつもと違うといった違和感を感じることもあります。

免疫低下、口腔乾燥、消毒薬での過度のうがいによる常在菌のバランス悪化が異常な増殖につながります。また入れ歯と口腔粘膜の間には唾液が流れにくいためカンジダ菌増殖の温床になりやすいので気をつけなければなりません。

予防策としては、毎食後の歯磨きとこまめうがいで口腔内を清潔に保ち、適度な湿度を維持することが大切です。お口が乾燥しやすい方は、当院でおすすめできるマウスウォッシュがあります。

もし、心当たりのある方はご相談ください。

 

短期集中治療

梅雨が始まり、それが終わると各地で暑い夏がやってきます。

最近は、暑い夏を逃れ避暑のため、毎年夏の釧路に長期滞在する方が増えていると聞きます。平均最高気温20.6℃は、魅力ですよね。

釧路での長期滞在の情報のホームページを見つけたので載せておきます。  http://cool946.com

歯科でも、その長期滞在の時期にと治療に来る方がいます。短期集中治療としてまとめて予約を取り、治療をすすめます。

メインテナンスを年に1度の夏の釧路旅行に重ねるのも良い案だなと思いました。

ご希望の方は、予約の際に伝えていただけたらと思います。

 

本間榮一歯科診療室

・たんちょう釧路空港(リムジンバス)45分 → 釧路駅から徒歩8分

・たんちょう釧路空港から車で30分

防菌スプレー Etak Oral Care24

今日は、当院に置いてある入れ歯用防菌スプレーについてお話したいと思います。

以前、入れ歯の磨き方をお話しました。入れ歯は、水で流しながらブラシで入れ歯についた食片を取らなければなりません。その後、入れ歯洗浄剤、入れ歯用歯磨き粉で洗浄するのが一般的です。

今回紹介する防菌スプレーは、ブラシをかけた後にスプレーするのみです。スプレーに含まれる持続性防菌成分により24時間義歯の細菌繁殖を防ぎ1日気持ちよく義歯を使用できます。

普段使うのももちろんですが、時々患者さんから孫や友達との旅行で義歯を外すのが恥ずかしいと聞くことがあります。洗浄剤と違い、つけておく時間がいらないのでその悩みを改善できるかもしれません。

また、介護の現場でも活躍するのではないかと私は思っています。介護の現場は、人手不足です。入れ歯を洗ってあげたいと思っていてもなかなか手が回らないとよく聞きます。このスプレーは、時間の短縮が可能で、防菌作用の継続が長いため良いのではないかと思います。

口が外部から入ってくるものと体が最初に出会う場所です。清潔に保つことが大切です。

良いものを患者さんに紹介することも私たちの役目だと考えています。気になる方は、ご相談下さい。

春の訪れ

暖かくなり、春の訪れを感じる今日この頃です。

3月4月は、美容室の予約がなかなかとれない・・・皆さんは感じたことがありませんか?3月4月は、卒業式、入学式、入社式などイベントがたくさんあります。そのため、予約が取れにくくなっているようです。

歯科医院はどうかというと、4月ごろから本格的に治療を始めたいと来院される方が多いように思います。特に釧路は冬より、暖かい春の方が外出しやすいことも影響していそうです。

これからのことを考え、本格的に治療を進めたいといった希望の患者さんも多くいらっしゃいます。当院では患者さんが治療に対するご希望やご意見をお話しやすいようにカウンセリングルームを用意しております。お話頂いた内容から患者さんにとってベストの治療を提示させていただきます。遠方からお越しの方の治療回数などの相談にも応じています。

まだまだ働ける歯には、もっと活躍してもらいたい。失った部分は、私たちが補います。

食事だけではなく、言葉、歌にも影響する歯を一緒に守っていきましょう。

 

歯磨きタブレット

皆さんは、歯磨きタブレットをご存知でしょうか?

日本ではあまり馴染みのないものなので聞いたことがない方も多いかもしれません。

イギリスに本店を構える自然派化粧品ブランドLUSHで販売されています。保存料が含まれていないことが魅力のひとつです。私がこれを知ったのはイギリスで友人に紹介されたのがきっかけでした。

そもそも、歯磨きタブレットと言われても想像がつかないかもしれません。簡単にいうと、固形の歯磨き粉です。ラムネのような形をしており、持ち運びに便利です。チューブ型の歯磨き粉は、使い切ることが難しいですがこれはその心配もありません。

使い心地はひとそれぞれなので、一度試していただくのが良いと思います。少しですが本間歯科にも置いておりますので、興味のある方はご相談ください。

妊娠期における歯科治療

日増しに秋の深まりを感じる季節になってきました。これからの季節は冷え込みが厳しくなるので体調管理を注意しましょう。

さて今回は、妊娠期における歯科治療についてお話しようと思います。

女性のライフステージにおいて新たな命を宿すという妊娠は重要なイベントです。その小さな命を育むため女性の体内では女性ホルモンが増加してきます。この女性ホルモンの増加は歯肉の腫脹、易出血性など口腔内へ影響を及ぼします。このホルモンの影響で歯周病は急速に進行してしまいます。さらに少量頻回の食事、つわりに伴う嘔吐やすっぱいものを好むようになることで口腔内が酸性に傾き、また唾液の分泌量は減り、ねばねばするため自浄作用がなくなり口腔環境は悪化傾向になると言われています。このことから平成24年4月に改訂された『母子健康手帳』にも「虫歯や歯周病などの病気は妊娠中に悪くなりやすいものです。歯周病は早産などの原因になることがあるので注意し、歯科医師に相談しましょう。歯科医師にかかるときは妊娠中であることを話してください。」と明記されました。

実際に妊娠中は、どの時期まで治療できるのか?妊娠しているがレントゲンや麻酔は大丈夫なのか?このあたりが疑問になってくるのではないでしょうか?

妊娠初期(妊娠0週~15週)は、胎児の重要な器官が形成される時期であり、流産の危険性もあるため可能であれば応急的な処置で対応することになります。妊娠中期(妊娠16~27週)は胎盤が完成して胎児も安定する時期であり外科処置を含む一般的な歯科治療ができます。産婦人科医の許可を得たうえで抜歯も可能です。妊娠後期(妊娠28週~39週)では診療姿勢などの配慮が必要になってきます。妊娠前に口腔内環境を整えることをお勧めしますが、妊娠中期には治療ができるようになるので不安な方は相談していただけたらと思います。

次に、レントゲンや麻酔についてです。歯科のレントゲンは被ばく量が少ないため、また口腔と胎児との間に距離があることから胎児への影響は無視できるレベル言われています。

一般的な歯科治療の際に必要とする局所麻酔は、意外かもしれませんが妊娠全週にわたりほぼ問題なく使用可能です。疼痛を我慢することの方が母体・胎児に悪影響をおよぼすと言われています。

 

妊娠は、正常な生理的現象ですが、ホルモンバランスの変化により妊娠特有の症状が体にでることがあります。当院では医科との連携をとることで妊娠中も患者さんに安心して診療を受けていただけるよう努めています。

今週から女性の先生もいますので、この機会に受診していただいたら良いのではないかと思います。