発音と義歯

7月26日からパリ2024オリンピックが始まります。ということで今日は私が感じるフランス語の発音の難しさからお話したいと思います。

フランス語の勉強をして何年か経ち、なんとなくコミュニケーションが取れるようになったなと思っていても実際フランスに行くと上手く通じないことが多々あります。フランス人が私の発音を真似してからかってくることもあります。日本語の発音とは違いまたメロディーのように話すフランス語。発音をなんとしても習得しようと最近フランス語の発音を重点的に学んでいます。その資料の一部です。

舌の位置や口の形を記した資料を確認しながら実際に発音し、先生にチェックしてもらいながら再度発音。後日復習で繰り返し練習をしている様子は、まさに口に筋トレです。

さて、これに似たものが歯科には存在します。それは、パラトグラム(発語機能検査)というものです。
発音時に舌が、口蓋や歯列とどの範囲で接触するかを粉を使い確認します。歯音、歯茎音、硬口蓋音など色々な発音を確認することができます。そして、その結果を元に必要に応じて人工歯列の排列位置および口蓋部歯肉形態の修正をします。このようにして発音を考慮し、試行錯誤の上できた義歯でも完璧ではありません。最後は練習が必要になります。それは、私が苦戦している口の筋トレのようなものです。道具を上手く使いこなすにはある程度の練習が必要ということです。

歯科の中でも特に義歯というのは難しいもので、私たち歯科医師の読む本にもこのようなことが書いてあります。

「どのような義歯であれ患者にとっては異物であり、患者はその義歯をどのように取り扱い、口腔に適応させていくかを習得しなければならない。歯を失ってしまったことが契機となり知らず知らずのうちに義歯を嫌いになりその抵抗感から義歯の適応に時間がかかることもある。また、上手く適応しないこともある。したがって、包括的な治療などにおいては歯科医師による指導とともに、患者と一緒になって考える姿勢がこの時点で重要な意味を持つ。」

つまり、ここからもわかるように異物から道具となり、使いこなせるようなるまでサポートすることが私たちの仕事になります。

使っている義歯を診査診断し修理、あるいは新製で対応できる可能性があります。義歯を使えないと諦める前に、一度ご相談ください。

 

参考文献

Corentin BARCAT 『Prononciation Française』

E.Piehslinger 訳 佐藤貞雄 石川達也 『臨床家のための歯科補綴学』クインテッセンス出版株式会社

脱水症

釧路も夏らしくなってきました。釧路の夏も毎年記録更新の暑さが続いています。

この時期恒例となってしまった脱水症のお話しを今日はしたいと思います。

『脱水症』

生物の体の水分が足りなくなることを脱水と言いますが、そもそも人間の体にはどれくらいの水分が必要なのでしょうか?

健康な成人の場合、体重の60%が水と言われています。60kgの人の体では36kgが水という計算になります。そして水は1g=1mlですので、体の中には36Lの水があることになります。

その水分の中で、どうしても人が失ってしまう水分があります。

1つ目は尿です。尿は体の不要な物質を溶かして捨てるために体が使用している水分になりますが、体重1kgあたり1時間で0.5mlは最低必要とされています。60kgの人であれば、1時間30mlは必要です。1日では30ml×24時間で720mlが必要です。

2つ目は体から知らず知らずに蒸発している水分です。普通(体温36℃、気温28℃)であれば皮膚から600ml、呼吸の中から300mlの合計900mlが1日に出て行ってしまうと言われています。これは当然体温と気温にも大きく左右され、体温または気温が1度上昇すると15%程度増加すると言われています。

これらの水分の合計1620mlが体重60kgで体温36℃の人が気温28℃の中にいる際に最低限必要な水分ということになります。500mlのペットボトル3本とちょっとですね。私が最初にこの話を聞いたときには「朝昼晩の食事のときにペットボトルを1本ずつ飲まないといけないの?ちょっと厳しいなぁ」と思いました。これは私が体に必要な水を全て飲み水で補わないといけないと思ったために起きた勘違いです。

続いては人が摂取している水分についてです。人は飲み水からも水を摂取していますが、食べ物からも水分を補っています。先ほど、「人の体の60%が水」とお話ししましたが、それでは食べ物はどうなのでしょうか?

例えばご飯は1杯あたり90mlの水が含まれているそうです。また、レタスやトマトなどの野菜はその95%程度が水分です。人は1日あたり1L程度の水を食事から摂取しているそうです。普通に食事が摂れる方であれば、最低620mlの水を飲めばいいことになります。

炎天下の中、何か作業をされたりする方は、そこにいるだけで失われる水分は増えます。汗をかいたりするとさらに増えます。そして、そういう場合にはたいてい食欲も落ちてしまい、食事からの水分量も減ってしまうという悪循環になってしまいます。

あまりにひどくなった場合には病院で点滴をして水分を補給してあげることになりますが、具合が悪くなる前に、意識してこまめに水を飲むことが大事です。

矯正、顎関節症相談

5月17日~5月21日『矯正』、『顎関節症』特別相談を実地致します。

歯周病検査、レントゲンや模型などは金額はかかりますがたとえば、矯正をしてみたいなと思っているけど矯正はどんなものなのか知りたい。実際に付ける器具を見たい。器具を使わないマウスピース矯正って何?ずっと悩んでいるけど矯正をしたほうが良いのか。

顎が痛い、咬みにくい、口が開けにくいなど症状がある。顎関節症と以前言われたことがあるけど実際はどんな治療をするのか聞きたい。また、矯正は以前したが噛み合わせがしっくりこない。

ご希望の方は、お電話で矯正相談あるいは顎関節症相談と言っていただけたらと思います。物が咬めて長期的に安定する治療を本間歯科では行っています。

 

 

桜開花予想

19日、日本気象協会は2024年桜開花予想を発表しました。平年並みか少し早いようです。

桜を使ったことわざに、『桜は花に顕る』があります。

これは、普段目立たぬ存在だった者が何かことがあった時に、優れた才能を世に表し非凡であることが知れることのたとえです。花が咲かなければ他の木と同じく分からなかったのが、美しい開花で初めてそれが桜であったことが知られるということからきているそうです。才能は生まれつきだとなると難しいですが、日々の訓練とチャンスが来た時にそれを掴める自分になることは誰にでも出来ることなので良いことわざなのではないかなと思います。

まだ釧路は寒いですが、春に向けて前進です。

ホワイトデーの白

3月14日は、ホワイトデーです。ホワイトデーは、1980年にお菓子会社の「バレンタインのお返しにお菓子を」というアイディアから始まったものです。それにしても、なぜホワイトなのでしょう。

調べてみると、『白は、純愛のシンボル』だからだそうです。しかしこの白、純愛のシンボルだけではありません。

白は、歯科医院のシンボルでもあります。それを裏付けるようかのように、ホワイトを歯科医院の名称に入れている医院もありますし、白い歯にかけた語呂を医院の電話番号に使用している医院もあります。歯科医院のシンボルともなる白。要するに、白は歯にとってのシンボルそのものなのです。

歯にとって白は、健康の象徴であり、若さの象徴です。歯が不健康な時、例えば虫歯になると歯は白から茶色や黒色に次第になります。神経がダメになってしまっていた場合もまた歯は茶色くなっていきます。若さの象徴というと、語弊があるかもしれませんが年を重ねると徐々に歯は黄色くなってしまいます。これは誰しも起こり得ることです。

そしてこの歯でいうところの白というのは、非常に難しいものでただ白ければ良いというわけにはいきません。その人、個人に合った白が必ずあります。笑った時に歯にだけ注目がいってしまうというようでは困ってしまいます。つまり、ホワイトニングをする際はプロがしっかり把握しどのあたりまで白くするのが自然かを判断する必要があります。最近は、昔と違い年齢の高い方のホワイトニングも全国的に増えています。この背景にはご自身の歯が残っている方が増えてきていることが挙げられます。

春爛漫、気分の上がる春に「歯を白くしたい」とお考えの方は一度ご相談下さい。

個性とは

2月22日は、『にゃーにゃーにゃー』猫の日です。猫の日ということでキティちゃんについて書こうとしていたのですが、実は彼女は猫ではないことを私は知ってしまいました。私だけが知らなかったことなのでしょうか?

さて、気を取り直して『猫も老人も、役立たずでけっこう』という養老孟司先生の本についてお話しようかと思います。この本は、先生が愛猫まるを通して人間社会を考察したエッセイです。その中から個性について今回は、お話したいと思います。

個性とは、何をいうのか?戦後から個性の連呼が始まり、今の教育は「個性をのばす」「個性を尊重する」とよく聞きます。多くの人は、個性は心だと思っているのではないか、人と違った考え方や行動を個性だと勘違いしているようにみえると、養老先生は言っています。

しかし、極端な話ですがみんなが喜んでいる時に一人だけ泣いている子がいたとします。きっと「どうしたの?」とまわりは声をかけるでしょう。そこでおかしな言葉が返ってきたらみんなびっくりしてしまいます。あまりにもおかしな言葉であれば一度病院を勧めるかもしれません。感情というものは、一致しなければなりません。自分だけの感情は、対人関係においては無意味です。心は、共通が必要。つまり、同じであることが存在します。

一方、個性は同じものがないということです。つまり、個性とは心ではなく身体だと言っています。

歯科医院ではどうだろうと考えた時、この身体という個性に携わっています。歯は、基本の形は決まっているものの年齢、性別、骨格や習慣などによって一人一人まったく異なります。この個性をいかに以前のように再現するかが重要です。そのため、本人への確認はもちろんですが、治療前後の写真や型採りなど慎重に繰り返し技工士さんとも打ち合わせをします。ご自身の歯を何本か失ってしまったり、それが特に前歯部だった場合は以前の写真を持ってきていただいて参考にすることもあります。個性というものの捉え方、それを生かすための診療をより一層心がけたいと思わせてくれるような一冊でした。

猫の歯 ▶️ ニャーニャーニャーの日

 

ちょこっとチョコの話

今日は、バレンタインですね。バレンタインといえば、チョコレート。

昔ながらの明治チョコレート『板チョコ』は、年齢を問わず皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

私は、このチョコレートに思い出があります。それは、祖父の家へ遊びに行った帰りの私の手には必ずこのチョコレートがあったからです。

私は、チョコレートが大好きで祖父は私が遊びに行く前には必ず買って用意をしてくれていました。しかし、それを簡単に貰うことはできませんでした。祖父は、当たり前のように私が来る前に本棚にそれを隠し、私はそれを当たり前のように探すという一風変わった光景が毎回繰り広げられていました。色も大きさも同じ医学書と医学書の隙間に隠された薄く茶色の包装紙の板チョコを探すのは幼い私には至難の業でした。最後は食べたいのかもわからず、ただただ探していたチョコレート。

これが良い思い出となって、今でもこの明治の板チョコを見ると祖父の本棚の記憶が鮮明に蘇ります。私のチョレート歴史は、おそらくここがスタートです。私のチョコレート歴史とは比べられないほど歴史のある明治チョコレート。

それでは、話は戻り HAPPY VALENTINE!

 

 

 

花粉症のお話

1月後半からテレビなどで『花粉の飛散』情報が流れていました。それと同時期に、花粉の少ない地域の検索がトップに上がっていました。花粉を逃れたいという気持ちのあらわれでしょうか。

何となく杉のない北海道が上位に上がっているのではないかなと開いたページには

1位 宮古島=沖縄

2位 釧路=北海道 

3位 草津温泉=群馬

4位 八丈島=東京

5位 奄美群島=鹿児島

北海道の釧路がなんと2位でした。理由は、札幌や帯広などと比べても雪が少ないうえに日照時間が長く、晴れの日が多いことから清々しい冬晴れを楽しめる観光地だからだそうです。また、花粉から逃れるだけでなく天然記念物のまりもが有名な阿寒湖、タンチョウ鶴が舞う雄大な釧路湿原そして美味しい海の幸を楽しむことができるという総合的な評価からの結果でした。住んでると忘れがちになりますが、「釧路の皆さん、どうやら釧路って最高のようですよ!」。

 

それでは、毎年載せていますが花粉症のお話です。

花粉症と言えば花粉に対するアレルギー反応によるものということは皆さまご存知かもしれません。
今回はアレルギーについてお話ししようと思いますが、それにはまず「免疫」というものについてお話しする必要があります。
簡単に言えば、体を細菌やウイルスなどの外敵から守る自衛隊のようなものが免疫ということになります。

その仕組みはものすごく難しいものですが、1つの分類として自然免疫、獲得免疫に分けられます。

例えば宇宙人が釧路に侵攻してきたとしましょうか。釧路に住んでいる方々が、まず警察に通報し、その後自衛隊が派遣されるでしょう。自衛隊は宇宙人の弱点が分からない中、精一杯攻撃してなんとか宇宙人を撃退します。これが自然免疫です。

次に、もう一度宇宙人が釧路に侵攻してきた場合、自衛隊は前回の戦いの経験を生かして、宇宙人に効果的な武器を使って宇宙人を先ほどよりスムーズに撃退します。これが獲得免疫です。

そして、アレルギーはこの獲得免疫が例えば花粉やソバなどに対して過剰に反応してしまうことで引き起こされる病気です。

花粉症の人は花粉に対し自衛隊が攻撃をしかけているのです。花粉が侵入してくる鼻が主戦場となるため、鼻水が出たり鼻づまりが起きてしまいます。

以前、「花粉を運んでるミツバチが花粉症だったら大変だろうな」と思ったことがあります。「花粉症なのに全身花粉まみれにして頑張ってるミツバチがいたとしたら・・・気の毒で仕方ない」と思って調べてみたところ、昆虫には獲得免疫が存在しないそうです。つまり昆虫には花粉症はありません。

さて、花粉症の治療ですが、体の自衛隊を抑えてあげる薬を使うか、マスクなどで花粉の侵入を防いであげることが主なものになります。自衛隊を抑える薬は副作用として、眠気や喉が渇いたりすることがあります。眠気の副作用のため、薬の種類によっては車の運転を控えていただくこともあります。日常生活で車の運転が欠かせない人はお医者さんにご相談ください

心留まる一節

先日、友人から礼状が届きました。私達の世代であれば、メールだったり、電話あるいはハガキが多いように感じますが彼女はお手紙をくれました。それも、ボールペンではなく筆ペンのようなもので書かれていた手紙。文の内容もですが、その書風がこちら方がありがとうと思ってしまうようなほっこりさせるものがありました。日本っていいなと思う瞬間でもありました。

さて、私は今年に入りほっこりしたことがもう一つあります。それは今年の初めに読んだ古書です。その本はお料理が軸となっていますが、文も添えられてあるものでした。いわゆる料理とは、少し違うような気もするおむすび。しかし、私はこのページに目が止まりました。最初にこのように問いています。

「皆さんは、出来合いのおむすびに感じた何故だか満たされぬ思いはないでしょうか。」

この感覚は、明らかに人の手のぬくもりがないことに対するもどかしさがあるのではないかと筆者は考えており、おむすびというものを説いたある一節を紹介していました。

「おむすびは、指先でつくるものではなく、掌と掌をぴったりと密着させる心持ちでご飯の粒が結ばれるようにつくるのです。掌と掌をあわせるとき、それは神仏に対する敬虔な拍手、合掌などに通じるものがあります。」という一節です。平安時代から稲作の歴史と共に歩み続けているおむすび。遠足だったり運動会など陽だまりの中で食べたおむすびは、母親の掌の温もりがあってこその美味しさだったのかなと思わせる内容でした。『おむすび』は、とても日本らしい優しい言葉に感じました。

「日本っていいな」なんてほっこり話も良いのですが、もうそろそろ日本の固有種杉の花粉のシーズンです。ほっこりなどしていられない方がたくさんいます。杉が悪いわけでもなく、私たちが悪いわけでもなく、ただただ相性の悪いシーズンの到来です。次回は、花粉症について書きたいと思います。